手作りで伝える愛のメッセージ|婚約指輪DEプロポーズ

平均価格を参考に

リング

購入の前に調べたいこと

プロポーズの時には婚約指輪を添えて、昔、高度成長期で日本が経済的に上昇していた頃に、ジュエリーショップで販促キャンペーンとして打ち出したもので、今も需要が高くなっています。それはやはり記念の品であるから、女性はアクセサリーが好きですし、その中で特別な意味合いを持っている婚約指輪なら欲しいと願うのが自然のことです。しかしながらアクセサリーというのは安いものではなく、しかも結婚が決まればいろいろと物入りになってくるもので、悩ましく思ってしまう人もいるでしょう。そして気になるのは相場というもので、購入前に知っておくことが大切になります。では婚約指輪の相場はどのくらいなのか、知って参考にするのがいいでしょう。

経済状態に合わせて

一般的に婚約指輪の相場は給料三ヶ月分と言われていますが、これを値段にするとだいたいが100万円前後となっています。ただしあくまで相場であり、平均的なものとなっていて、収入や支出、資産状態によって変わってくるものです。プロポーズは重要なものですが、これが成功した後は新生活がはじまったり、結婚式を挙げたりと費用がかかってきます。ゴールではなくスタートとして考えるべきで、それゆえ無理をしてまで婚約指輪を購入する必要はなく、自分自身の資産状態を客観的に見て判断することが必要になります。結婚指輪は大切な記念の品であり、愛情の形でもありますが、それがすべてではないので、優先順位を考えることが重要になってきます。